World Champ

主にF1関連の写真を掲載しています 

2016年04月

今日は無限本社を訪問してきました。

展示されていたのは無限ホンダエンジンを搭載したジョーダン198。


1998年、雨で大波乱だったベルギーGPは今でも伝説的なレース。

スタート直後に12台が巻き込まれたマルチクラッシュ。

再スタート後にトップを独走していたミハエル・シューマッハが周回遅れのクルサードに追突。

トップに立ったデーモン・ヒル、猛追する2番手にはチームメイトのラルフ・シューマッハ。

最後にチームオーダーが発令され、ジョーダン参戦8年目の初優勝は1-2フィニッシュ。 

まさにその時トップでチェッカーを受けたヒルのマシン。歴史的にも貴重な1台です。


普段であればもう1台、1996年のリジェJS43も置いてあるのですが、そちらは今モナコにあるそうです。

ピンと来た人もいることでしょう。

1996年モナコGP、無限ホンダエンジンでオリビエ・パニスが初優勝。それから今年でちょうど20年。

その記念ということで、今年モナコで展示されるそうです。

あれからもう20年。あの時も雨。当時テレビに釘付けだった私もなんだか感慨深いです。


【フォトギャラリー】 ジョーダン・無限ホンダ198の写真はこちら


160427_1

160427_2
 
160427_3

160427_4

元々行く予定ではなかったイベントだったのだけど。

直前になってフェラーリのF1マシンが2台走行することが発表され、急遽行くことに。

走行の準備が進むフェラーリF399とフェラーリF2001B。

どちらも大好きなサウンドのV10エンジン。 

160424_1

が、午前中は雨。

止んだと思ったらこの霧で、3回予定されていた走行セッションはすべて中止に。

160424_2

こういうことは時々あって慣れてはいるものの、やっぱり残念すぎて軽く放心状態に。

こうなると展示状態のマシンをひたすら撮影するのみで、サーキットを後にしました。

次の機会では走れる環境であってくれることを祈るのみです。



【フォトギャラリー】 フェラーリF399の写真はこちら

【フォトギャラリー】 フェラーリF2001Bの写真はこちら

【フォトギャラリー】 ヴェンチュリーLC92の写真はこちら

【フォトギャラリー】 ロータス88Bの写真はこちら

160424_3

160424_4

160424_5

 

↑このページのトップヘ