World Champ

主にF1関連の写真を掲載しています 

タグ:フェラーリ

フェラーリの2013年型マシンの実車展示。

限界まで高く薄くなった超ハイノーズ、特徴的なコアンダエグゾースト。

翌年からレギュレーション変更でノーズ先端は低くされ、醜い突起が出現。

エンジンも自然吸気からターボハイブリッドになり迫力のサウンドは消失。

F1における1つの時代が終わった最後のマシンだと思うと感慨深いものが。


【フォトギャラリー】 フェラーリF138の写真はこちら

190517_1

190517_2

190517_3

190517_4




今年は富士で開催されたフェラーリのイベント。

フェラーリのF1マシンがなんと9台走行するという。

日本でこんな贅沢なものが見られるとは、まさに夢のよう。

ピットには640(1989)、412T2(1995)、F2004(2004)、F2005(2005)、F2007(2007)、
F2008(2008)×2台、F10(2010)、150°Italia(2011)が所狭しと。

マンセル、アレジ、シューマッハ、バリチェロ、マッサ、ライコネン、アロンソ。

この7人の名前が刻まれたマシンたち。

エンジンもV8、V10、V12、すべてNAの素晴らしいサウンド。

今のF1からは失われた音色を全身で感じながら、写真もたくさん撮りました。

またこんな豪華なイベントが行われる日が来ることを願って。


【フォトギャラリー】 Ferrari Racing Days 2018の写真はこちら


180701_1

180701_2

180701_3

180701_4

180701_5

昨年は濃霧でF1の走行がキャンセルされたモーターファンフェスタ。

今年は快晴、走行日和。

ミハエル・シューマッハがF1デビューを果たしたマシンとして有名なジョーダン191。

そのシューマッハがフェラーリに移籍した初年度のマシン、フェラーリF310。

この2台が揃うというので、シューマッハファンとしては見逃せないチャンス。

今回走行したF1はフェラーリ1台のみだったけど、今となっては貴重なV10サウンド。

今年はフェラーリ・レーシングデイズもなさそうなので、その意味でも貴重な機会だったかも。


【フォトギャラリー】 ジョーダン・フォード191の写真はこちら


170430_1

170430_2

170430_3

170430_4

フェラーリのショールームにF2005が展示されていたので、写真を撮ってもよいか尋ねたところ。

まさかのNG。

外からなら撮ってもよいということなので、ガラス越しにパシャリ。

売り物なのかな。

買う気のない人は近付いてくれるなということなのか。

さすがフェラーリ、わかっちゃいたけど顧客以外には冷たいものですな。 

170112


 
2005 FIA F1世界選手権総集編 [DVD]
スポーツ
ユーロピクチャーズ
2009-04-17

元々行く予定ではなかったイベントだったのだけど。

直前になってフェラーリのF1マシンが2台走行することが発表され、急遽行くことに。

走行の準備が進むフェラーリF399とフェラーリF2001B。

どちらも大好きなサウンドのV10エンジン。 

160424_1

が、午前中は雨。

止んだと思ったらこの霧で、3回予定されていた走行セッションはすべて中止に。

160424_2

こういうことは時々あって慣れてはいるものの、やっぱり残念すぎて軽く放心状態に。

こうなると展示状態のマシンをひたすら撮影するのみで、サーキットを後にしました。

次の機会では走れる環境であってくれることを祈るのみです。



【フォトギャラリー】 フェラーリF399の写真はこちら

【フォトギャラリー】 フェラーリF2001Bの写真はこちら

【フォトギャラリー】 ヴェンチュリーLC92の写真はこちら

【フォトギャラリー】 ロータス88Bの写真はこちら

160424_3

160424_4

160424_5

 

↑このページのトップヘ